加古川市・高砂市で外装リフォームならウオハシにお任せ

負担が大きく劣化しやすい雨どい

紅葉が美しい季節がきました。
しかし、少ししたら落ち葉も気になり始めますね。雨どいに枯れ葉が詰まっていませんか?
外壁にむき出しで設置されている雨どいは常に雨、風、紫外線にさらされながら、屋根から流れ落ちる雨水を受け止めています。負担が大きい分だけ、傷みやすく劣化しやすい場所なんです。

さらに、割れや変形、枯れ葉やゴミの詰まりを放置すると、雨水が正しい水路を伝って地面に流れなくなり、雨漏りや建物そのものの傷みにつながることになります。

まずは下のチェック項目を参考に、雨どいの状態を1度確認してみてください。ただし、2階部分などの高い場所は危険なので、専門業者に依頼したほうが安全です。

 

【雨どい点検のチェック表】
□といの継ぎ目が外れていないか
□変形、破損はないか
□金具が外れていないか
□雨どいが変色していないか
□といにゴミや落ち葉が詰まっていないか
□雨が降ったときに水漏れしていないか

 

早目の対処で建物を守る

変形や割れ、傾きなどおかしなところを見つけたら、工務店など専門家に相談し、必要であれば早目に修理をしておきましょう。
また、雨どいは一般的に約20年が寿命といわれています。古い雨どいなら見た目にあまり問題がなくても1度見てもらったほうが安心です。劣化がひどい場合は、雨どい全体の交換をしたほうが良いこともあります。

雨どいから雨水が漏れていると、外壁だけではなく建物の土台を傷める原因に。早目の対策で住まいを雨水から守りましょう。

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら