加古川市・高砂市でトイレリフォームならウオハシにお任せ

ヒートショックというと、浴室を思い浮かべるという方が多いのではないでしょうか。

でもヒートショックの危険があるのは浴室だけではないんです。

 

○ヒートショックとは

ヒートショックは、温度の急な変化が体に与えるショックのことです。

寒い部屋で血管が収縮して血圧が上がり、その後あたたかい部屋に移動すると今度は血管が拡張して血圧が急激に下がってしまいます。

血圧がジェットコースターのように大きく上下変動して、心臓や血管に大きな負担がかかります。

 

○トイレでも起こる可能性はある

トイレは家の北側に位置することが多く、窓も北向きというケースが少なくありません。

日当たりが悪く、窓から冷気が入ってくるので、どうしても室温が下がりやすくなります。

冬はあたたかいリビングとトイレの温度差が10℃以上になることも。

 

○トイレでできる対策 ~窓~

断熱性の高い窓ガラスに替えたり、内窓を付けて窓を2重にするなどすれば、寒さの影響をぐっと抑えることができます。

LIXIL「インプラス」を取り付けたトイレ。

 

トイレに多いルーバー窓はガラスが蛇腹状になっており、築年数が経って建付けが悪くなってくると完全に閉まらず隙間風が入りやすくなります。

そのため、引き違い窓に取り替えたり、内窓を設置したりすることをおすすめします。

また、お手軽な方法としては断熱効果のあるカーテンを取り付けるだけでも寒さが少し和らぎます。

 

○トイレでできる対策 ~暖房器具~

それでも寒さが気になる場合は、トイレに適した暖房を設置するといいでしょう。

小型の暖房器具を選べば、狭いトイレでも邪魔になりません。

電気式のセラミックヒーターならコンパクトなものが揃っています。

 

○トイレでできる対策 ~暖房便座~

便座に室内暖房機能を備えたトイレもあります。

便座本体から温風を出して室内をあたためるので、トイレが狭くなるという心配もありません。

 

TOTO「室内暖房」(ネオレストAH2W・RH2Wに搭載)。

設定した時間に作動するタイマー室暖や、室温が約5℃以下になると自動で作動する「冷え込み防止」機能があります。

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら