加古川・高砂で洗面所リフォームならウオハシ

 

これまで洗面ボウルといえば、陶器製のシンプルなものが主流でした。

近年は人工大理石やホーロー、ガラス、ステンレスなど様々な素材の洗面ボウルが登場しています。

 

○洗面ボウルはインテリアの一部

(写真:トクラス)

また、埋め込みタイプと卓上タイプでは大きく印象も変わります。

特にカウンターの上にボウルを置く卓上タイプは、洗面ボウル自体がインテリアの一部となり、こだわりや個性が出しやすいというメリットも。

 

洗面ボウルひとつで、洗面スペースががらっと変わります。

今日はそんな卓上タイプの洗面ボウルについてお話します♪

 

○バリエーション豊富な形状

(写真:ウッドワン)

洗面ボウルは、丸や四角、楕円などボウルの形状も様々です。

直線的なデザインならシャープで洗練された印象になり、丸みを帯びたデザインなら優しい雰囲気になります。

ボウルを2つ並べて、まるでカフェやホテルのサニタリールームのようなちょっぴり贅沢な空間も作れます。

 

○素材が見た目の印象を左右する

見た目の印象は形だけでなく、材質や質感によっても変わります。

ホーローは金属をベースにガラスの釉(うわぐすり)を焼きつけたもので、つるっとした艶があります。

色やデザインが豊富なのが特長です。

 

(写真:まるいち本店)

透明感のあるガラスを使用すると空間全体が涼しげな印象に。

趣きのある和風の陶器製ボウルを選べば、和の空間を演出することもできます。

 

シック、ナチュラル、和・・・など、作りたい洗面所のイメージに合わせてボウルを選び、こだわりがつまった空間をつくってみてはいかがでしょうか。

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら