築200年の古民家リノベーション(担当)森多

これまでの現場ブログ・・・足場組立・瓦撤去 土の撤去 下地工事 下屋根葺き いぶし瓦に葺き替え・天窓「スカイシアター」設置 牛小屋の解体 応接間とキッチンの解体 仮設浴室を設置、補強梁・耐力壁で地震に強いお家 床の下地工事、断熱材を入れて暖かいお家に

 

1487289434078

加古郡A様邸、壁の下地を作っています。

 

1487289430247

柱と柱のあいだに斜めに入っているのは「筋交い」です。
A様邸は築200年ということで、耐震に関しては特に力を入れています。

 

1487289426480

こちらには嵌め殺しの木製建具が作りつけられています。
嵌め殺し(はめごろし)・・・開け閉めのできないように作られているもの。採光目的の窓や障子などがあります。
「ここは残しておきたい」というA様のご要望に沿って、裏側だけ解体、筋交いで補強しました。

この横には、リフォーム前より高さのある引き違い戸を取り付けます。
以前の戸は高さがあまりなく、背の高い人だと頭がぶつかってしまうほどでした。

 

1487289432534

↑リビング(元・応接室)。
幅の広い扉が2枚付いていたのを、高さのある片引き戸+壁に変更します。
その「+壁」になる部分が、写真手前の壁下地です。

 

1487824862655

↑キッチン横のサッシ。
勝手口も窓も、すでに新しいものが入れてあります。
そこに、窓枠を固定するための下地を作りました。

 

1487824864046

前回のブログでご紹介したこちらの梁。
真っ黒だったのを削って、自然な色合いになりました。

 

イベント情報

3月4日(土)・5日(日)、加古川市民会館にてリフォームイベントを開催します。
キッチン・お風呂・洗面所・トイレなど展示品多数!
ご来場プレゼントやガラガラ抽選会などもご用意しております。
ぜひお越しください!

詳しくは <<こちらのページ>> をご覧ください。


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら