築200年の古民家リノベーション(担当)森多

加古郡A様邸、これまでの現場ブログ・・・足場組立・瓦撤去 土の撤去 下地工事 下屋根葺き いぶし瓦に葺き替え・天窓「スカイシアター」設置 牛小屋の解体 応接間とキッチンの解体 仮設浴室を設置、補強梁・耐力壁で地震に強いお家 床の下地工事、断熱材を入れて暖かいお家に 壁の下地工事

 

DSCN0205

今日の現場ブログは、加古郡A様邸。
外観は↑このように何事もないような感じなのですが・・・

 

DSCN0207

一歩なかへ入ると、リフォーム工事真っ只中です

 

DSCN0208 DSCN0206

壁・天井下地の骨組みができあがっています。

 

1488240572408

もともとあった天井材で使えるものは、そのまま使っています

思い出の詰まったお家が、すべて真っ新になってしまうのはちょっと寂しいですよね。
こうして一部を残しておけるのもリフォームの良いところではないでしょうか

 

DSCN0210

こちらの壁には断熱材がぎっしり
この中は浴室になります。

 

DSCN0277

プラスターボードを貼って、下地が完成。

 

DSCN0275

システムバスの組み付けもほぼ完了しました

 

1488240571163

こちらはキッチン。
対面型のシステムキッチンを取り付けるための壁を作っているところです。

 

1488240568682

既存の大きな梁をダイニング側から見えるようにします。

 

FSCN0217

このように骨組みができました。

 

DSCN0212

天井にプラスターボードを貼り、換気扇のダクト(銀色の筒状のもの)を出しました

 

DSCN0266

キッチンの造作壁にも、プラスターボードとベニヤ板を貼りました。
上の垂れ壁には吊戸棚、ダクトのあるところにはレンジフード、下には調理台・・・と、だんだんと完成形が見えるようになってきましたね

 

DSCN0276

あの大きな梁も存在感がしっかりあります

 

DSCN0213

新しい勝手口ドアが取り付けられ、まわりの壁には断熱材が詰められています。
そして、天井にぽっかり穴が開いているのがお分かりいただけるでしょうか?

 

DSCN0273

こちらは明り採りの天窓

 

IMG_9328

↑リフォーム前からあったのですが、古くなっていたため新しいサッシに入れ替えました。


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら