水まわり・内装リフォーム(担当)長野

<加古川市M様邸・これまでの現場ブログ>LDK

前回LDKの工事の様子をお伝えしたM様邸、今日はお風呂の工事をメインにお伝えします!

タイル仕上げのお風呂と脱衣所。ステンレス製の浴槽は足が伸ばせない大きさでした。

 

洗面所の壁と、廊下の壁も取り払いました。

 

コンクリートの床を砕き、浴槽を撤去しました。

 

解体完了です。リフォーム前は向かって左側にお風呂、右側の青いタイルのところに脱衣所がありましたが、配置を左右逆にしてお風呂を広くとります

 

水道の配管をして、土間コンクリートを打ちました。

 

新しい洗面所の床を作りました。

 

システムバスを組み立てます。

 

完成です。かわいいピンクでまとめた、LIXILの「アライズ」です。以前は寒々しい印象のお風呂だったのが、優しい温かな雰囲気(実際も断熱性能アップ!)になりました。
1616サイズ(1坪相当)なので、浴槽で足を伸ばしてゆっくりくつろげます☺

 

脱衣所は白いクロスを貼って、清潔感のある空間になりました。

 

こちらはトイレ。小便器と大便器の2つが設置されていました。

 

古い便器を撤去して、壁や床を解体しました。

 

 

木部が腐っており、シロアリが見つかりました。

 

被害に遭っていたところは取り替え、防蟻処理をしました。

 

新しく壁・床をつくったあとクロスを貼って、新しいトイレを取り付け完成です。

 

TOTO「ピュアレストQR」+ウォシュレット「アプリコットF1A」。こちらはピンクで統一しました!

 

小便器のほうはグリーンのクロスを。ポップで明るい感じに仕上がっています♬

 

そして、トイレの左隣には洗面スペースがあります。

 

こちらも設備やクロスを一新。LIXIL「ピアラ」です。
洗面スペースには窓がなく、日中も暗くなってしまうので・・・

 

トイレとの間仕切り壁を一部開口し、はめ殺し(開閉することのできない)すりガラスを入れました。

 

小便器のほうのトイレは、ドアもすりガラス入りです↑

 

洋式トイレのほうは、開けると壁の中に隠れる引き戸にして省スペース化

 

手前にある柱は撤去するとお家を弱くする可能性があったので、無理して取らず残しました。

 

最後に廊下・勝手口の工事。

 

天井を解体して、下地を新しく作りました。

 

これまで真壁仕様だった壁を大壁仕様に変更します。
真壁(しんかべ):柱が見える壁。主に和室で使われ、日本古来の壁の納め方です。
大壁(おおかべ):柱の外側で壁を仕上げていて、柱が見えない壁。主に洋室で使われます。

 

下地ができあがりました。

 

クロスを貼りました。大壁にしたことで、スッキリと広さを感じられるようになりました。

 

床のフローリングも張り替えてきれいになりました。

 

勝手口の横にはもともと小さい靴箱があったのですが、システムバスを入れるために壁といっしょに取り壊しました。なのでもう1度スペースを考えて余りの材料で大工が手作りしました!


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら