古民家リフォーム(担当)宇高

<これまでの現場ブログ>屋根葺き替え工事 1階の解体

リフォーム前の2階。和室が5つと・・・

 

屋根裏収納がありました。

 

古くなっていた畳を全て撤去します。

 

天井も解体しました。

 

廃材を片付け、何もない広い空間ができました。

 

古民家ならではの見事な梁が見えます↑

 

そして屋根裏でスズメバチの巣が見つかりました。こちらは専門業者に依頼して駆除してもらいました。

 

 

こちらは母屋と増築部がつながっているところ(境目)の壁です。2階は壁で隔たれていて行き来できなかったので、荷物を運ぶときなど階段を上ったり下りたり大変だったそう。
大工を交えて調査した結果、この壁には重要な構造部分が含まれていなかったので、こちらの壁を取り払って通路にします

 

次は、前回ブログの続きで1階の様子をお伝えしていきます☺

水道管と、外壁に貼る焼き杉、床に使う木材たちです↑

 

ペアガラス(2重窓)のサッシ↑ 続々と材料が搬入されています。

 

キッチンの配管。ピンクのホースはお湯用です。

 

 

お風呂・洗面所の配管。

 

こちらの大きなサッシは広縁に使います。

 

古いサッシを取り外しました。

 

そこに新しいサッシを取り付けました。ペアガラスは断熱性や防音性が高く、快適に過ごしていただけるようになります!

 

お家の中から見ると。お庭の景色がよく見え、光もたっぷり入って明るいです♪

 

床もやり替えます。断熱材を壁にも床にもしっかり詰めています。
この広縁はもともと独立したスペースだったのですが、今回のリフォームでリビングとひと続きにする予定です。

 

こちらは掃出し窓が付いていたところ。ダイニングになる予定のスペースなのですが、壁に物を置けるカウンターを取り付けるため、小さな窓に取り替えました。

 

次に床を作っていきます。お風呂や洗面所のあるスペースは床を低く作るので、すぐ上にベニヤ板を貼ることができる樹脂製の束を設置しました。

 

他の床が高いところは鋼製束を使用しています。

 

傷んでいた部分は新しくやり替えて、下地を作ります。

 

断熱材を隙間のできないように入れ、ベニヤ板で蓋をします。

 

写真左側のリビング・ダイニングになるスペースは床がほぼ完成しました!今は正面に写っているキッチンスペースの床を作っているところです。

それでは、この続きはまた次回のブログに書きます。よろしくお願いします☺


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら