よこ増築を含む内外装リフォーム①(担当:長野)

 

リフォームイベントにご来場くださった高砂市T様。

 

お住まいは築50年の一戸建てで、

「古くなったのでリフォームしたい」とのことでした。

 

 

T様が特に気にしていらっしゃったのは

〇水まわりが狭く、洗濯機置き場や脱衣場がない

〇地震のとき怖いのでブロック塀を何とかしたい

という点でした。

 

 

 

そこでご提案させていただいたのは、

外部倉庫とブロック塀を解体して空いたスペースに増築

 

洗濯機置き場も脱衣場も兼ねた広い洗面所を作り、

他の空間も使いやすいように間取り変更するプランです。

 

 

T様も気に入ってくださって、

工事をお任せいただけることになりました。

 

 

 

 

まずはじめに、

リフォーム前の様子をお見せしていきます。

 

リフォーム前の浴室です。

タイルと石を貼って仕上げられており、お掃除が大変でした。

 

 

洗面台は、トイレ前の狭いスペースに設置されていました。

 

トイレの外開きの扉が

洗面台にがっつり干渉してしまっています。

 

洗濯機置き場はなく、外に置いて使っていらっしゃいました。

天気の悪い日は洗濯機を回すのもままなりません。

 

 

トイレはタイル仕上げ。

年数が経って、水まわりはどこも古くなっていました。

 

 

増築部とつなげるところ(母屋との境目になるところ)の天井をめくり、

構造上抜いても問題ない柱と

抜いてはいけない柱を確認しました。

 

 

↑再生ボタン【▶】を押して動画でご覧ください!

 

 

こちらが外部の収納小屋とブロック塀です。

 

家とブロック塀のあいだを利用して作られていました。

 

 

大阪北部地震のときに起きた、

ブロック塀の倒壊による悲惨な事故は

まだまだ皆様の記憶に新しいことと思います。

 

T様も「対策しておきたい」と希望されていて、

高砂市から交付される補助金

今回の工事の後押しになりました。

 

 

 

 

既存部分の解体を行っていきます。

 

小屋を解体します。

 

 

小屋の解体が完了しました。

 

 

続いて、ブロック塀と庭木を撤去します。

 

 

ブロック塀の撤去完了です。

 

 

次に庭木に取り掛かります。

 

 

↑再生ボタン【▶】を押して動画でご覧ください!

 

 

根っこからごっそり抜き取りました。

 

 

地面を舗装していたコンクリートも撤去しました。

 

 

浴室・洗面所用の配管を埋めるための穴を掘りました。

 

 

↑再生ボタン【▶】を押して動画でご覧ください!

 

 

トイレと洗面台があったスペースは、

増築部とつなげるところ(継ぎ目)になります。

既存の壁を解体しました。

 

 

 

 

次回のブログでは、

増築部の基礎工事・木工事・建て方の様子をアップします!

 


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら