加古川市・高砂市で建具リフォームならウオハシ

 

ご自宅のトイレの扉はどのようなタイプですか?

 

ひと昔前までは開き戸が一般的でしたが、現在は安全性を考えて

違うタイプの扉にリフォームされる方が増えています。

 

 

 

☆開き戸と引き戸

 

開き戸は開閉の際ドアに手を掛けたあと、

前か後ろに移動しなければいけません。

 

身体が元気なうちは何気ない動作に思えるかもしれませんが、

年齢を重ねたり身体が不自由になったりすると

この動作がだんだんと難しくなります。

 

バランスを崩して転倒した、という事故も起こり得ます。

 

 

一方、引き戸は扉をスライドするだけで移動する必要がありません。

開け閉めがカンタンで、より安全です。

 

また、扉の向こうに人がいるのに気づかずぶつけてしまった、

ということもないので安心です。

 

 

 

☆内開きは危険

 

トイレの内側に扉が開く「内開き」のドアは古い住宅に多く見られます。

 

しかし万が一、トイレの中で人が倒れてしまったときに

扉が開かなくなってしまい、救出するのにも時間がかかってしまいます。

 

もしもの場合に備えて、トイレの扉は外開きか引き戸にしておくのが良いでしょう。

 

 

 

☆リフォーム簡単、アウトセット引き戸

開き戸を引き戸にリフォームする方法のひとつに

アウトセット吊戸があります。

 

壁と開口部はそのままで吊戸を取り付ける方法です。

壁面にレールを設置して扉を吊り、

開き戸の開口部をそのまま引き戸の開口部とします。

 

 

そのため、壁を壊すなどの大がかりな工事は必要ありません。

戸の引き込みスペースさえあれば、簡単に引き戸にリフォームできます。

 

また、吊戸タイプのメリットのひとつは、足元にレールがないこと。

段差につまずくこともないので安心です。

 

 

 

☆折り戸という選択も

 

引き戸のほかにも、狭いトイレスペースにぴったりな「折り戸」があります。

 

開閉時のスペースが従来の3分の1以下ですむ、コンパクトなタイプです。

引き戸と同じように安全性が高くなります。

 

折り戸の動きを動画でご覧いただけます↑

再生ボタン【▶】を押してください。

 

 

実際のトイレリフォーム施工事例

 

トイレの開き戸を引き戸or折り戸に取り替えたリフォームの実例を2つご紹介します。

 

“バリアフリー”と”おしゃれ”の両立【ワンフロアで完結できる家】 加古川市S様邸(築26年一戸建て、1階全面リフォーム)

 

間取り変更して、高齢のお施主様が1階だけで暮らせるバリアフリーの家に 加古川市H様邸(築40年、全面リフォーム)

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら