株式会社 ウオハシ
2015年05月16日
スタッフブログ

IMG_5363

今日は、クリナップ姫路ショールームでイベントをやっています

 

IMG_5341 IMG_5337

こちらは、キッチンシンクの新商品「流レール」です!

お料理をされる方はおわかりになるかと思いますが、調理中は手前に汚れがたまりやすく、

従来のシンクは排水溝が奥にあったので、最後にシンク全体を洗い流さなければいけませんでした。

しかし、「流レール」だとその掃除は必要ありません。

手前に深めの溝が作られていて、お皿洗いなどでちょっと水を使っているうちに

ゴミがさーっと流れてしまうようになっています

 

IMG_5344

また、従来のタイプのキッチンを復刻したものと、最新のキッチンとを比べられるコーナーもありました。

従来のシンクはステンレス一枚でできているので、

水の落ちる音が大きかったり、熱湯を流すとベコッとなってしまったりしますが、

新しいシンクは何枚か重ねているので、その心配がありません。

引き出しは閉めるときの衝動で中身がちらばらないように、いきおいよく押してもゆっくり閉まるようになっています。

これまではとびらタイプのものが主流でしたが、

引き出しにしたことで、奥のものを取り出すときに手前のものを一度どかす手間や、デッドスペースがなくなりました。

 

IMG_5348

収納の上の棚は、めったに使わないものを入れることが多いので、

ものを収納するのは下の引きだしにして、上のスペースには水切りを設置することもできます。

 

IMG_5354

一人暮らしの方や二世帯住宅用に、とコンパクトなキッチンもありました。

 

IMG_5360 IMG_5361

また、昔は、キッチンを家の奥に設置するのが普通だったそうなのですが、

最近は、家の中央に設置して

ご友人などお客さんにあえて見せるようなデザイン性のものが人気とのことです。

 

IMG_5349

カラーバリエーションも豊富で、右(画面奥)へいくほど価格がお安くなっています。

 クリナップさんの商品は、価格が安いもの・まんなか・高いもの、を揃えていて

お客様のご予算に合わせてお選びいただくことができます。

 

IMG_5351 IMG_5352

 たとえば、洗面台のボウルは人工大理石・樹脂・陶器の3種類があります。

人工大理石は強度が高いが、コストが高くつきます。

お値段だけ考えると陶器が1番お手軽ですが、化粧品などものを落とすと割れてしまい、

また、再生(修理)できないので、洗面台をまるごと取り替えないといけません。

そして、樹脂は割れずにへこむだけですみ、お値段も中くらいなので

今は樹脂製のものが主流となっているそうです。

 

 IMG_5355 IMG_5356

そして、最後にお風呂です。

ボタンを押すとお湯のシャワーが1分間出て、服を脱いでいるうちに浴室をあたためてくれるので

寒暖差によるヒートショックで倒れる事故を防止できます。

 

IMG_5358

また、床は溝を浅くし、あえて水はけを悪くしているんだそうです。

これにより、足裏と床のあいだに水が入って吸着性が高くなり、転倒を防ぐことができます。

 

ショールームでは、実演をまじえながらの説明をお聞きしていただけます。

明日もイベントをさせていただいているので、

リフォームをお考えの方はぜひお越しください\(^^)/


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら