全面リフォーム(担当:長野)

<加古川市Y様邸・これまでの現場ブログ>1階和室ジュラク塗り・2階下地工事 浴室解体、2階洋室仕上げ サッシ入れ替え・下地工事

 

浴室・洗面所・トイレの床組を作ったあと、洗面所⇔トイレの間仕切り壁の柱を立てました。

 

ベニヤ板を張りました。

2階に設置してある洗面化粧台の水道の鉄管がここに下りてきていたので、この機会にプラスチック樹脂製の配管に取り替えました。
鉄管はひと昔前まで多くの家庭で使われていた定番の水道管だったのですが、錆びやすく、穴が開いてしまうことがあるというデメリットがあります。樹脂製の水道管は錆びることがないので安心です。

 

こうして、独立したトイレ空間ができました。
Y様邸にはもともと別の場所にトイレがあり、こちらはもともと押入れだったところに新設するトイレです。

 

洗面所の床にベニヤ板を張りました。

 

システムバスを組み立てていきます。↑土台を設置しました。

 

だんだん形ができあがってきました!

 

目地にコーキングを打ちました。

 

お風呂・洗面所前の廊下です。以前はこのように板張りの壁でした。

 

 

間取りが変わりドアの位置も移動したので、それに伴って既存の壁を解体し、新しく下地を作り直しています。仕上げはクロスで行います。

 

リフォーム前のキッチンです。年数が経ち、だいぶんくたびれてきていました。

 

リフォーム完成予想図です!壁付けキッチンを対面型キッチンに変えて、家族団らんの空間を作ります。

 

この古いキッチンを解体します。

 

キッチン周りの壁に貼られていたタイルは全て剥がします。

 

 

キッチン周り以外の壁も解体しました。これからクロスで仕上げるための下地を新たに作ります。

 

天井は一部開けて、下地がどうなっているか確認しました。

 

こんなにたくさん廃材が出ました↑

 

新しく設置する対面型キッチンの場所に合わせて、水道の配管を仕込みました。

 

 

LDKの隣の和室です。洋室に変更して、押入れはクローゼットにします。

 

畳を撤去しました。

 

押入れを解体しました。

 

続いて床を解体しました。

 

板張りの天井も解体しました。

 

床に断熱材をつめて、ベニヤ板を張りました。

 

クローゼット奥の壁の下地をやり替えます。このクローゼットの裏が引き戸の戸袋になります。

 

天井下地の骨組みを作りました。

 

もうひとつの部屋はカーペットが敷かれた洋室です。フローリングに変更し、クロスや建具を一新します。

 

この部屋には廊下につながる引き戸と、玄関ホールにつながる開き戸という2つの出入り口があります。しかし、LDKと直接行き来することができず不便でした。

 

そこで、壁を取ってドアを付けることに。LDKから見ると、↑写真の○のあたりです。

 

壁の解体が完了し、LDK⇔洋室を行き来できるようになりました。

そして、LDKと和室・洋室の3部屋、敷居に段差ができないよう高さを調整して新しい床下地を作りました。3部屋ともフローリングを張って仕上げます。

 

このように、別の部屋だけどサッと気軽に往来でき、来客時などにも便利な3部屋になる予定です


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら