とうとうこの日が昨日広島の平和記念公園にバラク  オバマ氏がアメリカ現役大統領として初めて降り立ちました。おそらく日本中の多くの方がこの映像の画面に釘付けになるくらい見られてたのではないでしょうか?私もその一人でした。71年前広島に世界で初めて人間が開発した原子爆弾を投下した国のトップが来るという現実に複雑な思いでご覧になる方もいらっしゃったでしょう。14万人ともいわれている当時広島に住んでられた方達が見も聞きもしたこともない核兵器が突然ピカ、ドンと広島に降ってきて、命を落とされた。この事実は決して消えないしこの後も必ず語り続けていかなければならない、風化など絶対にしてはならない歴史的真実であります。今回の訪問も色々な意見がありますがこのタイミングで来るという意味合いは絶対にあると思います。実際、世界にある核の廃絶を願っているオバマ大統領にとって今回の訪問は世界に向けて絶大なMessageになったことでしょうし、実際のところ核保有国が増えて全世界に存在する核の数も減ってなくて逆に増えてる状態である世界に強くアピール出来たのではないでしょうか。そんな中 各社新聞にもそして映像にも数多く取り上げられていました79歳の被爆者の方との抱擁でなんか当時敵国として戦っていた相手とのなんとも言えない思いが全てあの一瞬で吹き飛んでしまったというか非常に微笑ましい場面でありました。私自身も平和記念公園には5度程行っておりますが、平和記念館に掲示されている写真や映像は眼を覆いたくなるものが非常に多くあり、今の現状とあまりにも大きいギャップに戸惑うこともありました。今後私共の子供の時代も同じようなことが起こらないよう色んな指導ではないですが、教えていくそして共感してもらうものを提供していく行動を必ず起こしていかなくてはならないなと切に思いました。


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら