築200年の古民家リノベーション(担当)森多

 

加古郡A様邸の玄関ホールとダイニングが完成しましたので、工事の様子と合わせてご紹介いたします

 

<加古郡A様邸、これまでの現場ブログ>

足場組立・瓦撤去 土の撤去 下地工事 下屋根葺き いぶし瓦に葺き替え・天窓「スカイシアター」設置 牛小屋の解体 応接間とキッチンの解体 仮設浴室を設置、補強梁・耐力壁で地震に強いお家 床の下地工事、断熱材を入れて暖かいお家に 壁の下地工事 玄関ドア・システムキッチンの取り付け 玄関ホール・ダイニングの下地工事

 

玄関ホール。ご主人が特にこだわられた場所です。

 

天井に杉板を貼りました。
板の向きについて「縦に貼ると、木目がきれいに見えないところができてしまう」と、大工さんからアドバイスがあり、横向きに。

曲線がかった既存の梁を見せるデザインのため、梁に合わせて板を加工し貼っていくという細かな作業を経て完成した箇所です。

 

玄関に土間コンクリートを打ちました。

 

玄関タイルを貼っていきます。

 

こちらが完成写真です。

松の一枚板(無垢材)を上り框に使っています。

 

フロアには「縁甲板(えんこういた:床用木材)」の幅が広いものを貼りました。

 

玄関ドアを入ってすぐ横の壁にはLIXILのインテリア壁材「エコカラット」を施工しました。

<エコカラット・4つの機能についてはこちらをご覧ください!>

 

玄関のシューズクローク。下地を作りました。

 

棚板を付けるためのレールを設置し、床には玄関と同じタイルを貼りました。

 

棚板を取り付けました。

 

完成天井には空気の浄化・脱臭・除菌効果を発揮する「ナノイー」を取り付けています。

 

ダイニング。杉板を貼る前の天井です。

 

玄関ホールと同じように板を貼って仕上げました。

照明は2種類。天井に埋め込んだダウンライトと、梁に取り付けたスポットライトです。
やわらかい明かりになるよう、こだわりました。
ダウンライトは光の明るさ・色(オレンジと白)を調整することができます。

 

壁は珪藻土。自然なやさしい風合いが魅力です。

ダイニングテーブルはA様が探してご購入されたもの。工事中はずっと養生シートなどが被せてあり、お部屋の雰囲気があまりわからなかったのですが、養生をとってテーブルを置いてみると、とてもよく合っていたので、担当の森多も「すごい!」と感動したそうです。


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

CAPTCHA


リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら