増築リフォーム(担当:里吉)

<ウオハシ事務所・これまでの現場ブログ>基礎工事 基礎パッキンと土台取り付け 防蟻処理、上棟 看板部分と屋根の大工工事 窓・ドアの移設、断熱材施工 土間コンクリート打設、間仕切り壁造作 クロス・カーペット工事

 

ウオハシ事務所の増築リフォーム、今回のブログが最終回となります!
予定通り3月末に完成し、早速たくさんのお客様が毎日ご来店されています

それでは、少し遡って工事の様子をお伝えしていきます。どうぞ最後までお付き合いお願いします

 

お客様用応接スペース
これから奥に間仕切り壁を作って、音の漏れない個室を1つ設けます。社内会議や研修に使うほか、ローンやお金関係のお話があるお客様とのお打合せにも使います。

 

間仕切り壁の下地を作ります。

 

開き扉を取り付けました。

 

白樺風の模様で、この応接スペースの雰囲気にぴったり。

 

断熱材を詰めて、石膏ボードを張っていきます。この断熱材が防音の役目を果たしてくれます。

 

ボード張りが完了しました!

 

裏側も同じようにボードを張りました。

 

次に、クロスを貼りました!

 

裏側

 

これで個室完成です!

4月の初めには、主に新入社員の研修に使っています

 

お客様用応接スペース、こんな感じに出来上がりました!
これまでは2組分のスペースしかなかったのが、今回のリフォームにより同時に3組までご案内できるようになりました

 

続いて、入り口の土間スペースにタイルを貼る工事を行います!

 

セメントと砂、少量の水を混ぜて、土間スペースのすみずみまで敷き詰めます。

このセメントと砂を混ぜたものは「バサモルタル」といいます。タイルを貼るための下地になります。

 

コテで平坦にならしました。

 

その上にペースト状のモルタルを塗り、タイルを貼っていきます。タイルカーペットを敷くとき(前回のブログにて!)と同じように、端からではなく真ん中から順に貼ります。

 

ハンマーでコンコンと叩いて、しっかりと圧着させます。強く叩きすぎるとタイルが沈んでしまうので、ちょうど良い力加減で圧着させて、裏側にすきまができるのを防ぎます。

 

タイル貼りが完了しました!

 

温かみのあるオレンジ色のタイルです

 

最後に、アスファルトを削った外部のスロープまわりをモルタルで補修します。

 

完成です!

 

そしてタイル貼りと同時に、サッシのコーキング打ちも行いました。

 

増築部の外壁の色に合わせて、黒色のコーキング材を使用します。

 

マスキングテープで養生してからコーキングを充填します。

 

マスキングテープを貼ると、↑このようにはみ出たコーキング材をテープごときれいに取ってしまえます。

 

 

玄関ドアのまわりもコーキングを打設しました。

 

最後に看板の工事です。

 

左側に「ウ」だけ残っていたので、取り外しました。

 

文字を取ったあと、補修として焼き板を張りました。

後日、増築部分に「ウオハシ」の看板を掲げます


この投稿へのコメント

コメントはまだありません。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます。
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>


(必須)

リフォーム無料相談 お気軽にご来社ください!ウオハシへのアクセスマップはこちら 『ホームページを見た』とお問い合わせください!0120-41-6222 9:00~18:00 簡単・無料 メールでのご相談はこちら